車が受ける衝撃とサスペンションの役割

空-稲妻車におけるサスペンションの役割とは、路面からの衝撃吸収(緩衝)とタイヤの接地性の確保です。

サスは、サスアーム、衝撃吸収及び接地性確保のためのスプリング、スプリングの振動低減のためのショックアブゾーバー(ダンパー)で構成されます。サスにおけるスプリングは、緩衝装置として用いられますが、仮にこのスプリングがなかったとしたらどうでしょうか。車体は変わり行く路面の凸凹によってポンポン跳ね続け暴れるだけでなく、衝撃はドライバーにもろに伝わることになります。

同時にシャシ、ボディに対しても多大な衝撃やダメージを与えることは言うまでもありません。さてスプリングは路面の凸凹によって伸縮しますが、この伸縮の際、振動が伴います。この振動を低減、減衰させるのがショックアブゾーバーです。スプリングの伸縮率はスプリングレートによっても変わりますが、振動を減衰する役割はショックアブゾーバーが担います。

 

このスプリングレートとショックアブゾーバーの調整によって足回りのダンピングが決められます。いわゆる「ダンピングが効いた足回り」というのは、スプリングレートにおける伸縮率が小さく、ショックアブゾーバーによる減衰が量的にも時間的にも大きく早い特性に調整された足回りのことを言います。

 

サスは、大きくリジッド、インデペンデント、トーションビームに分けられます。インデペンデントサスには、ストラット、ダブルウイッシュボーン、マルチリンクなどの形式があります。