ボトミング

紅葉自動車には様々な種類の衝撃や揺れがあり、車体全体の小さな上下の振動のことをバウンシング、車体全体が大きく上下に揺れるような振動のことをボトミング、車体が前後にシーソーのように振動することをピッチング、カーブなどを曲がったときに生じる車が左右に傾くような揺れのことをローリングといいます。これらの振動や揺れを吸収して乗り心地をよくして、快適な走行をするための役割を果たしているのがサスペンションで、タイヤとボディの間の部分に装着されていて、路面からの衝撃を和らげるという働きをしている部分です。またこの部分は操縦性や安全性などにも大きな影響を与えている部分で、タイヤも含めて足回りと呼ばれています。乗用車に多く採用されているサスペンションのタイプはストラット式で、ショックアブソーバーとスプリング、ロアアームのみのシンプルな構造をしているので、コストを低く抑えられることや、路面からの衝撃を広い範囲で分散して吸収できることがメリットとなっています。トラックなどの重たいものを積載する車両にはリーフスプリングというタイプのサスペンションが付いていて、丈夫で剛性に優れていますが、柔らかさが少ないので、安定性や乗り心地に関しては他のタイプよりも劣ります。

コメントは受け付けていません。