バウンシング

紅葉02車に対する衝撃やゆれに関しては様々な種類に分類されていて、車体全体が小さく上下に揺れる振動のことをバウンシングと呼び、車体全体が大きく上下に揺れる振動のことをボトミング、車体が前後にシーソーのように揺れることをピッチング、カーブで旋回をしたときに車体が左右に傾く状態をローリングと呼んで分類しています。これらの振動や揺れなどを吸収して、快適な走行をするために大きな役割を果たしているのがサスペンションで、タイヤとボディの間にある部分で、路面からの衝撃を吸収して和らげるという働きをしている部分です。この部分はタイヤも含めて足まわりと呼ばれていて、車の操縦性や安全性などにも大きな影響を与える非常に重要な部分です。サスペンションはスプリングとショックアブソーバー、スプリングアームなどの衝撃を吸収するパーツで成り立っていて、一般的な乗用車に採用されているのはストラット式、ダブルウィッシュボーン式、マルチリンク式で、トラックなどの重量が大きい車の場合にはリーフスプリング式が採用されています。ストラット式のサスペンションはシンプルな構造をしていてコストも低く抑えられることから最も多くの自動車に採用されていて、路面からの衝撃を広い範囲に分散できる構造になっています。

コメントは受け付けていません。