インディペンデントタイプ

月とロケットサスペンションにはいくつかの種類がありますが、その中でも乗用車に採用されることが多いものにインディペンデントタイプがあります。日本語で表すと独立懸架式と言うサスペンション構造となりますが、4輪を独立して動かせる点に特徴があります。独立懸架式には一軸スイングアーム式と二軸スイングアーム式があり、一軸スイングアーム式ではセミトレーリングアーム式があります。二軸スイングアーム式にはダブルウィッシュボーンやマルチリンク式、ストラット式などがあります。最近の車では二軸スイングアーム式が主流になっていますが、ダブルウィッシュボーンでは高性能になる分サスペンション構造が大きくなり価格も高くなることから、ボディの大きな高級車やスポーツタイプの車種に採用されることが多くなります。マルチリンク式は高出力の後輪駆動車のリアサスペンションに用いられることが多い構造となります。数本のアームによって構成されるため、路面の接地変化に対して柔軟な動きをすることで高出力車のトラクションを確保するために最適な構造となります。ストラット式はコンパクトな構造から安価にできるため、低価格の大衆車から幅広く採用できるというメリットがあります。

コメントは受け付けていません。