サスペンションの仕組みと種類

空-虹自動車には必ずサスペンションが付いていますが、路面からの衝撃や振動を車体に伝えないための機能と、タイヤを路面に押し付け接地性を高めることによって乗り心地の改善と動力性能の向上を図ることが可能です。一般的な乗用車ではコイルスプリングとショックアブソーバーによって構成させれていますが、コイルスプリングの代わりにリーフスプリングやトーションビームを採用しているものなど用途によって構成される内容が異なってくるのです。基本的な仕組みは共通していますが、サスペンションには大きく別けて車軸懸架式や独立懸架式、トーションビーム式の3種類があります。車軸懸架式はトラックなどの商用車に多いサスペンションとなり、強度と耐久性が高いというメリットがあります。その反面、左右のタイヤが1本の車軸で繋がっているため、サスペンションの動きが悪くオンロードでは乗り心地や快適性を犠牲にしてしまうことになります。一般的なモノコックボディとなっている車では独立懸架式が多く採用されています。独立懸架式にはダブルウィッシュボーンやストラット、マルチリンクなど多くの種類がありますが、性能や構造も違いますしコストも当然のように異なってきます。

コメントは受け付けていません。